舞水 甲のエレピ史

前回の記事の楽曲についてなんですが、
この度エレピ(エレクトリックピアノ)を
新たに導入しまして、その試作品をつくりました。
当たって、艦これの出撃が一番エレピ映え(?)する
と思って、製作いたしました。

導入した音源は
Toontrack社のEZ KEY-CLASSIC ELECTRICS-

画像


私がこのブログサイトを立ち上げていままで使ってたのが
FL STUDIO付属のFL KEYSと言う
ピアノ(エレピ、オルガンのプリセット有り)音源なんですが
音色のバリエーションを求めて今回購入に至りました。
いやはや。いいっすね。音。

因みにFL KEYS↓
画像


で、両者の音源比較を用意しました。
条件は両者共にローズピアノの音色で
摘みだけを初期(0)化。
前者がFL KEYで後者がEZ KEY-Clas(略)-




うん。一つ言える事は、
どちらが良いと言う事は全く無いんだなって事。
要所要所で力を発揮できる部分がそれぞれに有るんだってね。
今回、新たにEZ KEYを導入したからと言って
FL KEYSの出番が消えるかは無さそうと思いました。
(メモリの占拠量もすげーしね;)

では、このEZ KEY-CLASSIC ELECTRICS-の
公式PVを見て見ましょう。



うちキーボード下手だからこんな音出せねーよorz

因みに、私が初代のPCに入れてた
個人的に伝説とも言えるキーボード音源があります。
それが↓

画像


M-AUDIO社のKey Rig。(画像は無断転載。御免なさい)
こいつがまたすげぇんだわ。
当時としてはすごく高品位なサウンドでね~
これ一つで『ピアノ』『エレピ』『オルガン(ハモンド、B3)』を
カバーしつつ、シンセサイザー、GM音源(128音+ドラム)まで
入ってて当時価格で確か6~7000円くらいと言う
貧乏DTMビギナーに大救済と言える音源でした。
全体的な音色の纏まりも大変良く、
今でも使いたいと思ってた音源ですが、
インストール回数制限なのか、
オーソライズ先の事情が変わったのか
インストールしてもアクティベーションでエラーを吐く様に。
現在もこれ使ってる人っているんですかね?

話を戻しまして、
EZ KEYを今回導入しまして、
他にもレトロエレクトリックスやメロトロンのも欲しくなりました。
あぁ、グランドピアノも欲しいなぁ。(溢欲
このシリーズにハモンドオルガンとかアコーディオンとか
出たりしないかしらとか夢見ていたり。
(パイプオルガンはあるけどね)
宝の持ち腐れ?そうかもね。(プンスコッ

■比較になんねー■
EZ KEYの方はRhodesじゃなくてWurlitzerの音色でした;
バッカじゃね~の私。(白目

この記事へのコメント