新しいパートナーであり、3xOscの相方ポジション

音屋で昔から馴染みのあるあのS〇UND H〇USEにて買える
比較的安め(約1.6万)で買えるソフトシンセサイザーなのですが、
DTMを初めて、ずーっとFL付属の3x Oscに依存してたせいか、
シンセサイザーの音源を買うのはコレが初めてでした。
(それまでは生楽器系ばかり)
値段もさることながら、
まるで人の血や温もりを一切感じないこのフォルム(前記事画像)に
私の琴線が触れてしまったのであります。(ぉぃ
あとビジュアル的な解り易さね。
操作性は3x Osc主義な私でもとっつきやすいです。
ただ、それでも3xOscに比べれば天と地の差で摘みが多いので
「これ何の摘みだろ?」的な事が未だに多いです。
多分、半分も理解できてません;

私の事だから、きっとどんなシンセを手に入れてもそう言うと思うけど、
テクノやトランス、或いはそっち方面の楽曲を作るなら
Largoがあれば他に何も必要無いのではと感じます。
勿論、他のシンセに出来てLargoに出来ない事もあると思うから、
痒い部分があるなら他のシンセに手を出しても良いと思うが。

音に関するレビューはさておき、
プリセット音は奇で独。
使えるかどうかは、まぁそれも置いておいて、
一から音をクリエイトする事は大変やりやすいシンセですね。

タイミングが良かったのか、
先ほどこのシンセの値段を見るためにサイトを見に行ったら
売り切れになってました。
ホント、神タイミングで買えたわ。
欲しい人は別のサイトで探しましょう。

この記事へのコメント